カレンダー
«  «  2017 12月  »  »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

最新エントリ
2016/03/19
カテゴリ: オヤジのつぶやき : 

執筆者: kureharo (2:54 pm)
 最近 我が家では、「どうぶつカルタ」というのが大人気。
3歳と7歳の孫が、私の顔を見ると、おもちゃ箱から出してきて 居間のカーペットの上にまき広げます。
 これは、クリスマスだか誕生日だかの折に私が買い与えたもので、もちろん高価なものではありませんが、孫たちには大いに受けて 値打ちのあるプレゼントになった物でした。

 また読み札の内容も「大きなネズミの仲間のカピパラ」だの「オーストラリアに住むコアラ」だの、やれ「動物で一番足の速いチーター」だのと 結構勉強になる優れもの・・・でありました。
 おかげで子供たちもすっかりいろんなことを覚えて、「孫の教育に一役買った」と爺さんも内心満足、満足♪

 ある日、孫と私の3人ずれで近くの公園に行った帰り道。
小学校1年生のお姉ちゃんが、「クイズをやろう♪」とみんなに提案しました。

やがて順番が回って、3歳の孫息子の出題。
「ゾウのいるところはどこでしょう?」
「はいはい〜はい!」と爺ちゃん。
お姉ちゃんは わからないと見えて思案顔・・・
「じゃあ、じいちゃん。」と孫のご指名。
「はい!アフリカです。」きっぱり

もちろん私の脳裏には、例の「どうぶつカルタ」が浮かんでいるわけです。
「そんな札あったかなあ?」とは思いつつもアフリカゾウの写真は 思い出しているわけです。
・・・すると意外にも「ブッブー!」と不正解を告げられてしまった 私。
「え、え〜」「じゃあどこなの?」不満顔のじいちゃん
「せいかいは〜どうぶつえん でしたあ。」
真顔で、自慢げに解説する孫に、心底 降参してしまった私でした。


                               つづく
2016/02/26
カテゴリ: オヤジのつぶやき : 

執筆者: kureharo (1:54 pm)
 2年も前に途中まで書いて、忘れてしまっていた文章が出てきました。
ちょっと面白いので、投稿してみることにしました。
登場する孫も今では、3歳のわんぱく盛りですが、このごろ彼は 私が晩酌するとなりに来て、じいちゃんのお酒を羨ましそうに見ている。
「うん、こいつは間違いなく立派な酒飲みになる…。」
そううそぶく私のそばで昨夜も「じいちゃんのお酒〜とってもいい匂いだね。」などとうっとり顔なのであります。
 「そう言えば、2年前くらいにこんなことがあったっけなあ…」と思い出した昔書きかけたブログネタを思い出したのが、以下の文章なんです。

*          *          *          *

 おそろしいことを発見しました。
こんな事実を発表したなら・・・いかにアクセス数の微小な、私的ブログといえども、
当局からの追及があるかもしれません。

 でも敢えて、私は告白することを選択します。
これによって〜万が一、当局に身柄を拘束されたなら・・・その時は。
その時は、自由の身になるまで、ブログを休止することとなるでしょう。

 実は・・・
うちの1歳半になる、例の孫(♂)は、ビールを飲むのです。
しかもうまそうに・・・です。
発見したのは、昨夜7時ころ、夕食の席のことでした。

 その夜…私の晩酌に付き合って、わが娘も「ノンアルコールビール」を飲んでおりました。
キッチンに用事に立った娘の席に残ったコップには、飲み残しのノンアルビールが少し。
見ていると、ちび助がママのコップを手繰り寄せて、飲むふり・・・
「はは・・可愛いのう。」余裕で見守るじいちゃん。
「にがくって、じき吐き出すやろ。」
・・・ところが、よく見ると、彼の小さな喉が動いているではないか!
 次のリアクション・・・はなんと
満面の笑顔で「ぷは〜おいちい♪」
「な、なにい!」
私はひっくり返りそうになりましたね。


                               つづく   
2015/12/28
カテゴリ: オヤジのつぶやき : 

執筆者: kureharo (5:18 pm)
 我が家の下の孫(男子)3歳。
近頃 結構話すようになったし、生意気も言う。
しかし、分って行っていることと そうでないものがある・・・
例えば〜いっちょ前に「じゃんけん」をする。
なにか順番などを決めるとき・・・
例えば、私に「高い高い」をしてもらうようなときに、お姉ちゃんとじゃんけんで順番を決めるのである。
お姉ちゃんが「最初はグー!」というと坊やも負けじとグーを出す。
続いて「じゃんけんポン!」
その時、坊やは必ずそのままグーを出すのだ。
それを知っていて お姉ちゃんは いつも「パー」・・・ずるいが当然だ。

 でもその後が大変!
お姉ちゃんが「やった〜私からねえ!」と言って私にしがみついてくると、弟が猛烈に異議を唱えるのである。
「僕の勝ちだもん!」憤怒の形相で、間に割って入ろうとする。
お姉ちゃんも 当然ながら怒る。
双方 一歩も引かない

「まあまあ、二人ともやってあげるから、コーちゃん待っててね。
でも決して妥協はしないのだ。
「だってお姉ちゃんが勝ったでしょう!」理屈を説く私
しかし そんな説教など聞く耳持たない。
元々じゃんけんの仕組みを理解していないのである。
理屈の通らない交渉相手ほど厄介なものはない。

 結局は、お姉ちゃんに我慢させて(後回しにして…)お仕舞になる。
いつものパターンである。

・・・私自身、この解決方法で果たして教育上どうなんだろうか?
声の大きい輩に屈してしまう、世の中の理不尽さを思い出しつつ、無理に自らを納得させている年の暮れでありました。


                                つづく
2015/11/07
カテゴリ: オヤジのつぶやき : 

執筆者: kureharo (4:42 pm)
 だいぶ寒くなってきまして、先日風邪をひきました。
いつもなら、酒で治してしまうのですが、今回は結構しつこい感じで、とうとう医者にかかることにしました。
ええ、たまにしか行かない藪医者です。

「こりゃ軽い風邪ですね。」との見立て。
「そんなことはわかっているんだよう〜」内心毒づく私。
「お薬、出しておきましょう。」
「先生、早く治したいので、注射もお願いしますよ。」
「わかりました。では 注射っと。」カルテにサラサラ・・・簡単に変更する藪さん。

 やがて待つまもなく、看護婦さん(看護師さん?)に導かれて、処置室へ。
「痛かったら言ってくださいねえ。」言い終わる頃にはもう終わっている。
「やれやれ〜この後 バンソコウ貼っておしまいだな。」ほっとする私。

 しかし看護婦さん、バンソコウ入れの中をごそごそしながら、なかなか出してこない。
「あのう、旦那さん これしかないんだけど、いいでしょうか?」言いにくそうに聞いてくる。見ると彼女の指先には、カラフルな丸い形のキズバンが。なんとキティちゃん模様ではないか!
思わず笑ってしまう私。

「60がらみのおっさんには、そりゃなかろうぜ・・・」思いつつも、何か貼らないわけにもいかない。
鷹揚な広い心で「いいですよ。」
看護婦は赤い顔で何度も「ごめんなさい。すみません。」を繰り返す。

その様子に、なんだろうと他の看護婦も寄ってくる。
「きゃー可愛い♪」
今度は私が赤くなる番だ。
ほうほうの態で袖で隠して逃げ出した私でありました。


                                つづく
2015/09/04
カテゴリ: オヤジのつぶやき : 

執筆者: kureharo (11:54 am)
 時系列的に言って、支離滅裂としか言いようのない連載で恐縮ですが・・・
再び孫の話に戻します。
たまに 面白い出来事があると 思いついて書いてしまうのです。
どうかお許しください。

 先日、我が家での夕飯時のこと・・・
二人の孫のうち、下の子が男の子で、先日3歳の誕生を迎えたばかり。愛称はコーちゃん。
その日のメニューに、イカのお刺身がありました。
孫はお刺身が大好き。

 私の晩酌に合わせ、いち早く席に着いたコーちゃんは、自分だけのお醤油皿(じいちゃんのと兼用したいところですが、じいちゃんのには「わさび」が入っていて孫には食べられない)に、お刺身を取ってもらいパクパク食べている。

 やがて遅れてお姉ちゃん(6歳)がコーちゃんの隣に着席。
そのタイミングで ばあちゃんが食器棚から出してきた醤油皿を見た途端、孫息子のコーちゃんは、なんと自分が使っていたお皿を お姉ちゃんに譲ってあげたではないか!

 私をはじめ、ばあちゃんやママもその姉思いの優しい坊やの気遣いに 皆感動したのは言うまでもありません。
普段はやんちゃで、喧嘩ばかりしていても こんな時に(じいちゃんゆずりの…)紳士の片りんを見せる。
 大人たちからは、もちろん賞賛の嵐!

 ところが、直後にお姉ちゃんが発した言葉・・・
「コーちゃん、私のカニさんのお皿が欲しかっただけだよ!」

わが家のお醤油皿に、おさかな模様のシリーズ物があります。
もともと5枚組でしたが、1枚欠けて今は〜タコ、ヒラメ、カニ、フグの模様の4種類。
このうち孫たちに人気のある柄は、なんといってもカニですね。
そんなわけで〜いつも取り合いになっていたのです。

 後からばあちゃんが出してきたカニのお皿を見た途端、悪知恵が働いた孫は、取り替えるために、自分の使っていたフグ模様のお皿をお姉ちゃんに「押し付けた」ようです。
 一同「なあんだ〜そっかあ。」納得で大笑い。
もともと 褒めてもらったわけがわかっていないコーちゃんも 一緒に高笑い♪


                                つづく
2015/08/12
カテゴリ: オヤジのつぶやき : 

執筆者: kureharo (4:08 pm)
 京都の街に、粉雪が舞い散る 寒い冬の夜でした。
僕と先輩は いつものように居酒屋で安酒をあおり、愚にもつかぬ人生論や、芸術論などを語りあっていました。

 ・・・で、いつもなら金もないので、そのまま上賀茂の下宿(二人の下宿は近所同士でありました。)まで歩いて帰ったりしていたものですが、その日に限って
「おい、福田君もう一軒行こう!もう一軒。」

 おや、珍しいなと思って 彼の様子を見ると、どうやらひどく酔っているようだ。
「上村さん〜今日のところは、雪も降ってきたし、タクシー代は僕が持つから、帰りましょうよう。」
「な、なにい!付き合えんちゅうんか!?」
目が座っているではないか・・・
「ま、まずい。」内心面倒なことになったと思いつつ、引っ張られるままに〜安いだけの洋酒喫茶(今はなくなりましたが、昔は結構あったんですよ。大きなホールにいくつもの円形のカウンター席が並んだ巨大なスナック店ですね)に付いて行きました。

 ・・・案の条 彼がぼくに話したかったのは、例の彼女とのことでした。

大学の卒業を 来年に控えた先輩は、思い切って彼女に告白したらしい。
事の経緯は〜詳しくはわからないが、どうやら 無情にも振られたようである。。
京都の町で長きにわたって温めてきた「男の純情」は、一度も日を見ることなく あえなく終焉を迎えたのでありました。

 深酒をしたとは言いながら、人前のこととて 涙を懸命にこらえる先輩の姿は、可愛そうでなりませんでした。

 帰りのタクシーの車中〜聞いたところによると、彼女はお家の事情により、日を置かず田舎へ帰って行くとのことでした。
「ああ、無情!もう少し早く、決断し告白していたら・・・あるいは。」とは、身びいきな推論に過ぎないのは わかりきっている。
 声を押し殺した、先輩の嗚咽が、いまだに僕の耳に残って離れない・・・

 先日の先輩からの電話で、いまだ彼は独身である旨お聞きしたが、この失恋話が関係しているのかどうか、僕にはわかるはずもない。


                                おわり
2015/07/18
カテゴリ: オヤジのつぶやき : 

執筆者: kureharo (4:00 pm)
 これから話すことは、すべて僕の推測・・・というよりフィクションと言ったほうがよいかもしれません。


 大学時代の上村先輩には、好きな女の子がいました。
初恋かどうかは 定かではありませんが、僕と飲むと よくその女性の話が出てきました。
どうやら同じ大学の生徒のようだ。
 そして奇遇に過ぎないが、その娘は 僕と同じ富山県の出身の方のようでした。
富山県と言っても 郡部の小さな町で、僕の実家とはずいぶん離れているのですが。

 どうやらそんなことあって、先輩は僕の故郷が富山県であることに、僕との初対面の時から〜少なからず興味を示していたようでもあります。

 しかし彼の恋は、どう聞いても「片思い」のように思えました。
すなわち・・・本人にアプローチさえできない、純情といいますか、今の若い人には想像もできない〜明治、大正時代の文学のような、一途で無垢な恋でした。

 でも先輩は、それ以上の具体的な話をしてくれない。
・・・恥ずかしかったんだろうね、多分。
せめて名前を明かしてくれたのが、精いっぱいの情報でした。
だから力になりたくても、「うんうん・・・」と切ない胸の内を 聞いてやるしか すべがない僕でありました。
もっとも相談されても どうしようもなかったかもしれないが・・・

 そんな先輩の恋は、思いがけず ある日 いきなりの終局を迎えることになったのでありました。


                                つづく
2015/07/03
カテゴリ: オヤジのつぶやき : 

執筆者: kureharo (4:36 pm)
 翌日は、予想通りのいい天気。
ママは 朝から不機嫌そうに おむすびや卵焼きを作っている。

 やがて準備も整い、幼い娘二人は大はしゃぎで そこいらを走り回っている。
「今から あんなにはしゃいで疲れんのかなあ。」
でも子供にすれば、そんなの関係ないですね。まったく。

 しかもお姉ちゃんが、リュックを担いでいるのを見て、下の妹のほうもリュックを持ちたがる。自分の身体だけでも 難しいだろうに・・・まったく聞こうとしない。
仕方なく、お姉ちゃんのお古を出してきて、持たせる。
中身は着替えなど、軽い物ばかりである。

 午前9時過ぎ、いよいよ出発!
お姉ちゃんが先頭で、ちびは私と手をつないで歩き出す。
歩速は たぶん時速2劼らいですね。
昼までに 公園にたどり着けるか心配だ。

 今のように携帯電話があるわけではないし〜ずっと河川敷の田舎道なので、途中でママに迎えを頼むこともできないのだ。

 しかし意外!
お姉ちゃんはもちろん〜ちびも弱音を吐かず、よちよちながら懸命に歩く。
小1時間も歩いたろうか・・・初めての休憩を 堤防道のかたわらで取りました。
幼い姉妹は、お茶を飲み、チョコレートをリュックから出して、美味しそうに食べる。

「い、意外だ。こんなに頑張るなんて。」内心舌を巻く私。

 何度か休憩を取りながら、やがて遠くに遊園地の丘陵が見え出した。
「あれが遊園地だよ♪」と教えると、二人とも「わあ〜もうすぐだね!パパ。」
ちびも舌足らずながら、「うれちいな。パパァ。」と声も弾んでいる。
あの日のちびの嬉しそうな顔は、30年たった今も忘れられない。


                                つづく
2015/06/19
カテゴリ: オヤジのつぶやき : 

執筆者: kureharo (9:09 am)
 むすめが二人とも まだ小さかったころのこと・・・。
そうですね・・・上の子が小学校に上がってばかり、
下の子はまだ幼稚園だったころ。のことです。

 ある土曜日の夜、思い付きで私は「明日は天気もよさそうだし、仕事も休みだし、大山寺遊園地(富山市北部〜かなり山手にある野外型の遊園地で、現在はすでに廃園になって久しい)に遊びに行くかあ♪」と誰に言うともなく 声をかけました。

「わあ〜い!」同時に二人の娘から 歓声が起こりました。
ま、当然ですね。
女房もまんざらでもない様子・・・
みんなを見まわしながら、私はもったいぶってこう言いました。
「ただし〜歩いて行くんだよう。」

これは、ちょっとみんなを驚かせようと軽い気持で言った 冗談だったんですがね。
娘たちは何のことだか、理解しかねるが、まあとりあえず喜んでいる。
女房ひとり 渋い顔。

無理もない・・・我が家からその郊外の遊園地までは、大きな川の河川敷をたどって およそ5〜6劼發△蹐Δ。
普通、歩いて行ける距離ではない。
まして子供連れである。

「私行かなーい。お留守番してるから、パパに任せるわ。」と、マジ顔の女房。
「こりゃエライことになったぞ。」
内心後悔しながらも、 成り行きで〜引っ込みがつかなくなった私は、今さら冗談だともいえない・・・。


                                つづく
2015/04/24
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: kureharo (1:30 pm)
「知らんがな。そんなん自分で決めんかいな。」
突き放す僕。そう 僕も自信がないのだ。
〜たぶん、振る確率は、3割以上か!
でも先輩は降りたくないのだ。だって親だもの。

 周りからは、「早よせいや。」コール・・・当然だ。
なおも すがるような眼差しで、僕に訴えてくる上村先輩。

 そして・・・ついにその歴史的な一言が 彼の口から発せられたのでした。
「福田ァ〜切ってもいいと言ってくれえ〜。」
一同、どっと大笑い。
腹を抱えて大笑い。

 カクシテ、僕の承認なしに、真っ赤な顔をして、危険牌を切り出した(リーチをかけようとした)先輩でありました。

 次の瞬間
〜下家の明るい声が、軽やかに響きました。
「ローン。リーチ即のみィ 2600点♪」

 一同 もう一度どっと沸く。
僕も悪いと思いつつも、笑いを我慢できない。
「がははは・・・」

 それからは しばらく 口をきいてもらえませんでした。


                                つづく

(1) 2 3 4 ... 23 »

協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.