カレンダー
«  «  2022 5月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - 最新エントリ
 最新エントリ配信

最新エントリ
2015/04/24
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: kureharo (1:30 pm)
「知らんがな。そんなん自分で決めんかいな。」
突き放す僕。そう 僕も自信がないのだ。
〜たぶん、振る確率は、3割以上か!
でも先輩は降りたくないのだ。だって親だもの。

 周りからは、「早よせいや。」コール・・・当然だ。
なおも すがるような眼差しで、僕に訴えてくる上村先輩。

 そして・・・ついにその歴史的な一言が 彼の口から発せられたのでした。
「福田ァ〜切ってもいいと言ってくれえ〜。」
一同、どっと大笑い。
腹を抱えて大笑い。

 カクシテ、僕の承認なしに、真っ赤な顔をして、危険牌を切り出した(リーチをかけようとした)先輩でありました。

 次の瞬間
〜下家の明るい声が、軽やかに響きました。
「ローン。リーチ即のみィ 2600点♪」

 一同 もう一度どっと沸く。
僕も悪いと思いつつも、笑いを我慢できない。
「がははは・・・」

 それからは しばらく 口をきいてもらえませんでした。


                                つづく
2011/05/21
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: kureharo (4:46 pm)
 ただ…
日中戦争に発し、8年間に及んだ第2次大戦に従軍した 幾百万にも及ぶ日本軍将兵の中で、自分の体験などは あまりにもささやかなものであり、気遅れを感じた。
 しかし、従軍の体験は 例え同じ戦線で戦った者でも「百人百様」で、同じものはないと思う。

 また、振り返ってみると、自分には戦勲として誇れるような事は何一つとてないが、今思い出してみても痛快なことが一つだけある。

 それは、暗夜に地形の全く分からない所で、敵弾が飛び交う中、なんとしても敵の機関銃座を撃滅せねばならない。
 とっさの思い付きで〜90kgの歩兵砲を木造瓦屋根の上に据えて、敵の機関銃陣地を多数撃破したことであった。

 歩兵砲は地形地物を利用して、なるべく姿勢を低くし、敵に発見されぬよう
陣地を選ぶのが鉄則であるが、前記のごとき場合、そんなことを言っていては任務が果たせないので、無謀と知りつつとった非常手段であった。

 平素でもそんな戦法は聞いたことが無かった…。
ただ今にして思えば…
この時に 屋根が崩れたり、発射の反動で砲が転落したりすれば、多数の死傷者を出して、分隊長として自決をして責任をとらねばならなかったはずだ。。
…「若気の至り」というべきか。
しかし、そんな失敗に終わらなかったことも幸運と言うべきかもしれない…。

 この作戦により自分が負傷したことは、本文に記した通りであるが、考えようによっては、失敗して大事故に至らず、自分の腕1本切断しただけで終わったことは「不幸中の幸い」とも言える。
もちろん、これとて結果論ではあるが…。

        *          *          *

 しかし、これらの思い出も、今は遠い昔となり、自分の記憶はもとより、戦争のことも次第に風化しつつある。
「隻腕の記」を記しつつ、感慨は胸を締め付けるものがあった…。

 最後に、武運つたなく戦死された数十万の英霊、なかんずく高木中隊長を始め、共に戦って散華(さんげ)された多数の戦友の尊い犠牲により、再建日本の今日の繁栄あるを思い…心から感謝し、ご冥福を祈るものである。


                               完
2009/06/10
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: kameei (11:42 am)
今日も 右のおしりの筋肉が痛い。






















出発までの一こま。
2009/05/02
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: kameei (10:35 am)


山岸 俊男 著 集英社インターナショナル 1680円

帯に
偽装国家ニッポン!?
いつからこの国は「嘘つき」だらけに
なってしまったのか?
その驚くべき深層を
最新の心理学が
解き明かす!

「武士道」「品格」がニッポンをダメにする!!
・構造改革が「安心社会」を崩壊させた
・日本人とは「人を見たら泥棒と思え」と考える人々だった
・「渡る世間に鬼はない」と楽天的に考えるアメリカ人たち
・実は日本人は集団行動よりも一匹狼のほうがずっとすき
・「心の教育」をやればやるほど、利己主義者の天国ができる
・いじめを深刻化させる本当の原因は「傍観者」にあり
・なぜ日本の若者たちは空気を読みたがるのか
・どうして日本の企業は消費者に嘘をついてしまうのか
・武士道精神こそが信頼関係を破壊する」

と  逆説が列挙してある。

目次に

「心がけ」では
何も変わらない」

日本人の心は荒廃したか?
かつての日本人は清く正しかったのか
「昔はよかった」式批評のおかしさ
精神論は思考停止と何ら変わらない
歴史が証明した「心の教育」の無意味さ
「大釜の飯」を追放できなかった共産中国
タブラ・ラサの神話
「人間性」を無視した教育をやろうとした社会主義国
社会問題を解決するためには、まず人間性の研究から
「心の教育」では問題は解決しない
いじめのない国なんて作れるはずがない
これがいじめ解決の「最終兵器」!?
行為は禁止できても、心の働きは禁止できない
「いじめ」を定義する
秩序形成としての「排除」
かつては存在した「いじめ教育」
いじめを許す子どもたち
「お説教」では世の中は変わらない
「理性万能主義」からの脱却

「日本人らしさ」
という幻想

右も左も「日本人らしさ」がお好き?
文化の違いが「らしさ」を産み出した?
日本人は、はたして「会社人間」か
なぜ、武士たちは「お家大事」で働いたのか
「日本人らしさ」とは、生き抜くための戦略だった
人間の心の中にある「自己高揚傾向」とは
東アジアには自己卑下の文化があった!?
「世渡りの方便」としての謙譲の美徳
謎を解くカギは「デフォルト戦略」にあり
日本人の「ホンネ」を探る
やはり日本人にも「うぬぼれ心」はあった
はたして日本人は「みんなと一緒」が大好きなのか
さっそく追試を行なう
人が見ていないところでは態度が変わる日本人
さらに日本人の「ホンネ」を探る
やはり日本人もアメリカ人も変わらない
日本人が多数派ペンを選ぷ本当の理由
実はペンの色に=だわらない日本人
なぜ「裸の王様」が続くのだろうか


日本人の正体は
「個人主義者」だった!?

あなたは「集団主義者」ですか?
日本人のパラドックス?
勘違いの原因は「帰属の基本的エラー」にあり
「集団主義のパラドックス」はこうして生まれた
かくして日本人は多数派ペンを選ぷ
思い込みが産み出す現実
日本人の「個人主義虔」を調査する
本当は「一匹狼」の日本人
他人を信頼するアメリカ人、信頼しない日本人
「人を見たら泥棒と思え」
なぜ、他人に対する評価が一八〇度違うのか

日本人は正直者か?

集団主義社会とは「信頼」を必要としない社会である
カギの要らない田舎の生活
農村では犯罪を心配せずに生きていけるのはなぜか
他者を信頼せずに暮らせる集団主義社会
なぜ人間は本音で語れないのか
「信頼する心」がないと都会生活は送れない
「安心」と「信頼」はどこが違うか
「安心の保証」がコストダウンを産む
集団主義社会が実現させた「奇跡の高度成長」

なぜ、日本の企業は
嘘をつくのか

「安心社会の終わり」を告げる構造改革
果たして日本は信頼社会に買われるのか
疑心暗鬼の始まり
不信が不信を呼ぶ
なぜ日本人は他人を容易に信じょうとしないのか
日本人にとつて、正直は美徳ではなかった
孫悟空ははたして「正直な猿」か?
なぜ日本人は「旅の恥はかき捨て」になってしまうのか
相次ぐ企業スキャンダル
なぜ消費者は企業を信じないのか
感情的な企業批判
日本の企業が隠蔽・偽装に走る「ホンネ」とは
どうすれば信じられるようになるのか

信じる者は
トクをする?

なぜ、アメリカ人は他人を信頼するのだろうか
相手を信じられないから起きる「囚人のジレンマ」
巻き上げるべきか、提供すべきか
相手の行動を予測してもらう
一般的信頼を測定する
想像を超えた実験結果
高信頼者はシビアな観察者だった
低信頼者は悲観主義者
なぜ「彼ら」は協力行動を選ぶのか
経験の積み重ねが検知能力を向上させる

なぜ若者たちは
空気を読むのか

集団主義社会では人間関係を読む力が必要になる
「他人を信じるのは愚かなこと」と考える人たち
環境が社会的能力を作り出す
人間の知性は何種類もある!
「心の道具箱」仮説
なぜ若者たちは「空気を読む」ようになったのか

「臨界質量」が、
いじめを解決する

どうすれば「信頼社会の海」に飛び込めるようになるのか
「社会的ジレンマ」とは何か
モラル教育は利己主義者の楽園を作る
「アメとムチ」方式が産みだす巨大コスト
果てしなき「イタチごつこ」
多くの人間は「みんなが」主義者である
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
いじめ問題を解くカギは「臨海質量」にあり
なぜ、「問題学級」は生まれるのか
「いじめ」のメカニズムを数値化する
「いじめグラフ」の読み方
なぜ「雪だるま」式に増えていくのか
臨界質量こそが結果を求める
「いじめの広がり」を作り出すメカニズムは、ここにあった
「みんなが」主義がドミノ倒し現象をおこす
「アメとムチ」も使いよう
なぜ熱血先生が必要なのか
臨界質量と信頼社会
「正直者がトクをする」社会に

信頼社会の
作り方

「機会コスト」とは何か
地中海貿易をめぐる戦い
なぜジエノア商人は勝てたのか
「ジュノアは正直者を守る」と思われたのはなぜか
なぜ中国には信頼社会が生まれなかったのか
アメリカに倍頼社会が出来たのは元世紀末だった
評判の力が信頼社会を作る?
なぜ人はネット社会に不信感を持つのか
レモン市場とは何か
なぜネットオークションはレモン化しないのか
評価システムでも防げない「悪人」の活動
評判の二つの効果とは
信頼情報の提供がネット社会を支えるカギ
なんでも「行政頼み」でいいのか

武士道精神が
日本のモラルを
破壊する

「最悪のシナリオ」
ふたたび「安心社会」と「信頼社会」
人類のモラルには二種類がある
商人道と武士道 − 相反する二つの道徳律
モラルの混用が「救いがたい腐敗」をもたらす理由
商人のように行動する統治者、統治者のように振る舞う商人
武士道は嘘をつく
「無私の精神」からは共存共栄は生まれない
商人は「卑しい人間」か
読まれなくなったビジネス成功談
今こそ商人道を!

という、逆説に満ちた見出しが並んでいる。

とくに、「商人のように行動する統治者、統治者のように振る舞う商人
武士道は嘘をつく」という指摘は目から鱗ではないか!?

 現在の政治に対する不信は、本来「建前で生きる武士道精神を持つべき為政者やリーダーや高級官僚」が「商人として振る舞い」、本音で生きる「商人であるべき市民・庶民」に対して、建前の「武士道」や「品格」、「教育勅語」を強要しているおかしさにある、と思えば氷解する。

 「品格」「愛国心」「武士道精神」は、今日の政権を担っている人々に向けられるべき。

 市民は、そうした暗示から抜けることが閉塞を打ち破る事につながるのではと思わせる一冊でした。
2009/04/27
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: kameei (4:06 pm)
 カロリー制限とウォーキングだけの減量で75舛ら64疎紊砲覆辰燭箸、いつものウォーキング後のサウナで横になって、下腹部がへこんで肋骨がくっきりなのに改めて気づいた。腹部の皮が余ってたるんでいる。

 しかも、ふくらはぎはパンパンに張ってさわると痛い。

 ゴルフの打ちっ放しに言ってみると、全く飛ばせない。

 筋トレをしないダイエットでは、脂肪と筋肉は半分ずつ落ちると本にあるが後の祭り。早速ジム通いを決めて、三日坊主にならないように年払いで入会。

 ウォーキングのおかげで、心肺機能や血流は年齢より若いと診断されたが、それ以外は駄目。メニューを作ってもらい、チャレンジするも筋力のなさにメニューがこなせない。ところが、2週間ほどでメニューがこなせるようになってきた。筋力が付いてきたかと思ったが、肩こりは依然として激しくなるばかり。

 少し、ジムだけでなく身体を動かすことも大事かと、太極拳にも参加。
全くついて行けなかったが、一年もたつとなんとなく覚えてきた。自分より遅く入ってきた人に教えたりする内に、うろ覚えの動きも再確認することで自分も教えられている。

 ゆっくりした動きだが、いくらレッグプレスやレッグレイズで鍛えていてもバランス立ちは難しくふらつく。インナーマッスルというか体幹とか骨の動きみたいなことや柔軟性も連動しているみたいだと気づく。

 そうなると、つぎはヨガで柔軟性をつけようとなった。

 ヨガ教室はアラフォーの美人インストラクターのもと、熟女たちがいっぱい。
ただ、太極拳仲間の男性リタイヤ組3人もいたので入門しやすかった。

 女ばかりの中には男1人なかなか参加しにくい。しかも、女性は骨の付き方が違うので股関節が柔らかい。ほとんどが前屈をこなしているのに自分は前々出来ない、見渡すと男はほとんど苦手のようで安心した。

 ヨガも単純に柔軟性だけかと思っていたら、結構筋肉を使うポーズがある。
とくに木のポーズとか英雄のポーズなどバランスを取るときはインナーマッスルがいる。はじめはふらついて出来なかったが、今はなんとか足を付かなくても時間内キープできるようになった。

 一年たつと、中年からでも何とかなるものだね。

 とはいっても、成長ホルモンの出る量が若い人たちに比べると少ないのでトレーニングの効果も遅い。筋力は付いても、筋肉はあまり大きくならない。
実際、ジムを始めてから体重はほとんどキープだが、腕、腹回り、ヒップ、ももの太さは細くなっている。体脂肪率は3%ほど落ちているので、筋肉質になったと思うが、みんなからは大病だと思われ心配されている。

 太っては心配され、やせては心配され人は勝手なモノである。

まっ、リバウンドしない身体作りは継続が大事ね。

 ところで、一年前全く飛ばなかったドライバーが、打ちっ放し一年ぶりの昨日は良く飛ぶようになっていた。

 相変わらずまっすぐには飛ばないけれどね。
2009/04/22
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: kameei (1:11 pm)
ブログ投稿を中断して、ちょうど一年。

現在、平均体重64.5圈‖了號知┌隠粥鵝“酲率 1% が キープできている。

50歳が51歳になった。だからなに?

基礎代謝を上げるために筋トレだけををしても、身体のコントロールは別。

体幹を意識しないと、バランス立ちは出来ないことがわかるようになり、ヨガやピラティスもメニューに加えています。

なんと、皮下脂肪が落ちて筋肉や血管のカットが出てきた。自分の身体とは思えない。

周りに言わせると、「癌で永いこと生きられないのでは」

めんどくさいので、胃ガンを切った。というと妙に納得されて複雑。

久々のブログ投稿なのでここでやめますか。
2009/03/07
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: kureharo (9:56 am)
 薬師岳の登山口〜「折立」で水を補給した際・・・

川谷氏は、形は大仰だが中身の入らない(つまりは見掛け倒しの)アルミ製の時代物の水筒を持参しておりました。
しかも、ザックの外にブランブランさせていたので・・・
「ザックの中に入れておかないと、揺れて重たいですよ。」と忠告すると。
「ふん!」ほっとけと言わんばかりの返事。
私は、「相変わらずわがままな人や。まあ、ええわ。そのうち分かるやろ。」
と、思い直して、
・・・いざ出発。
登山口にそびえる「ミズナラ」の大木に、登山の無事を祈った 私でありました。

 「僕が先に歩きますから〜川谷さんついて来てもらえますか。」
「お前のケツ見ながら歩くのいややから、わし先行くわ。」と川谷氏。

あきれながらも〜好きなようにさせるしかない。

 歩き出して、ものの5分も登ったでしょうか・・・。
「わし、こんなしんどい道、一日中なんか歩けんぞ!」肩で息をする川谷氏。
「げげッ!ま、まだ歩き始めたばっかやないか。」暗澹たる気持ちになった私でありました。

「か、川谷さん、僕のストック貸してあげるから、これを使って下さい。少しは楽だから。」
「ふん!」とばかりにストックを受け取ると、再び歩き始めた氏でありました。
「お、こりゃあいいわ!らくちんや。こんなんあるんなら、最初から貸さんかい!」

 それから約10分。
今度は、「おい。福田君。そろそろ休憩にするぞ。」
「きゅ、休憩にするぞって、誰がリーダーや!」内心に怒りを納めて〜
彼に従うことにしたのでありました。

 ほんの15分もたたないうちに休んでいたんじゃあ〜これから お先真っ暗。
早くも頭をかかえた私でありました。

 頂上までの道のりは、コースタイムで約8時間の長丁場でありました。


                          つづく 福田可也
2009/01/21
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: jimukyoku (4:49 pm)
e−セラオリジナルのお掃除シリーズ、年末の大掃除には大活躍でした!




突然ですが 人気ランキング
-----------------------------------
No.1 お墓用  
No.2 カビ用  
No.3 油汚れ用
No.4 アルミホイール用
No.5 タイル用
-----------------------------------


No.1の「お墓用」は噂が噂を呼んで堂々の1位です!
http://www.etile.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=16_27&products_id=98
時期的なことも関係あったかも・・・ご先祖様もピカピカのお墓にさぞお喜びではないでしょうか

カビ用も好評でしたし、マニアックなところでは、アルミホイール用もお勧めです
http://www.etile.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=16_27&products_id=95
http://www.etile.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=16_27&products_id=97

こちらのネットショップでご購入できます!
http://www.etile.jp/index.php?main_page=index&cPath=16_27

大掃除し忘れた!できなかった!そんな方も多いはず・・・
今からでも、お掃除シリーズ「e−セラ」をお試し下さい
2008/11/30
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: asakura (10:57 am)
本日、家庭用除雪機の展示会です!主催は、上越市の中村農機さんです!全部で15台以上展示しています! 人気はホンダのハイブリッド除雪機のようです・・・

ご成約特典もいろいろあるようです・・・

一緒に株式会社「ゆうき」さんの有機栽培によるコシヒカリとおいしそうな有機「ねぎ」の即売もしています。

天候にも恵まれていますし、お客様の入りも上々のようです・・・・

ジブラでの「光るドロだんご」も相変わらずの人気です・・・・

ぽかぽかの陽気で、気持いよいお天気ですし、ぜひお出かけください・・・・!

午後3時まで開催しています!

詳しくは、http://blogs.yahoo.co.jp/jibra_press/4474852.html
でご確認ください!
2008/11/13
カテゴリ: eTileの話 : 

執筆者: asakura (8:20 am)
JIBRAでは、セミナールームを活用してのイベントが目白押しです!

11月16日はクリスマスフラワーアレンジメント
11月29・30日は家庭用除雪機の展示会
12月6日はJIBRAライフスタイルクラスのタイルクラフト教室

等・・・・詳しくは当社ホームページ

       http://asakuraweb.com
または、http://blogs.yahoo.co.jp/jibra_press

にてご確認ください!

(1) 2 3 4 ... 7 »

協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.