カレンダー
«  «  2022 8月  »  »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - ogura2さんのエントリ
 ogura2さんのエントリ配信

2009/03/29
中古住宅のリフォーム  7 (最終回)

執筆者: ogura2 (11:50 am)
一台しか入らない車庫に二台の車を入れたい。と言われて、前の壁を取り壊してオープンにして縦列駐車にしよう。ということになりました。

     







鉄骨の外階段は最初から取り壊す予定でした。道路の隅切りに沿って出来ていた玄関へのアプローチが気に入っておられたのですが、現在の車庫スペースに二台の車を入れようと思ったら、竹が植わっている花壇と塀を取り壊すしか無い。と納得していただいて、撤去作業に取り掛かりました。


    

      色々なものを置いてある物置スペースにもなっていました。



    












基礎をきります。今まで壁があったのに壁を取ってしまいました。補強をする必要があるかもしれません。

      

      柱を包んでいたサイディングを剥がしたら中の柱が大変。












なぜ、こんなきり方がしてあるのかはわかりませんが、放っておくわけにはいきません。添え柱をすればいい。くらいにしか思っていなかったのですが、現在ある柱が柱の役を果たしていないので根本から考え直しです。














母屋の方の通柱には、柱と土台を鉄板をあてて一体になるようにしました。反対側の柱は梁の下からきって鉄骨の柱を入れました。鉄板で補強をしました。

後は、ペンキを塗って完成です。
















車庫に入っている車の前には、勝手口があり、居場所が無い。と悩んでおられた愛犬のゴールデンレトリバーの新居も出来ました。アコーディオンカーテンで仕切って
後ろにはもう一台駐車できます。タイルとコンクリートの境が気になりますがいま検討中です。

中古住宅を買われるときは見えない部分が心配です。瑕疵に対する保証を文章にて取り決めておきましょう。
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.