カレンダー
«  «  2021 11月  »  »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2008/11/22
むすめと私 その7

執筆者: kureharo (5:19 pm)
 バカ受けでした!
生まれてこのかた〜こんなに自分のスピーチが 人様に喜ばれたことはない。

「理想の結婚相手、と書かれた紙切れが出てきました。」
と言っただけで、場内騒然
「おお〜!」
次に「その内容を発表します。」と言うと
「ええぞ〜親父〜 ピューピュー」
「娘の言った条件が、新郎にピッタリなら拍手を、違っていたならブーイングを!」
「よっしゃ!わかった。」
「では、一番目。・・・ 自分を大切にしてくれる男性」・・・ 「パチパチ・・・」
「次に、目がパッチリした人」・・・ 「パチパチ・・・」
「身長が、180cmくらい。」・・・ 「ワ〜ッ!パチパチパチ」

それくらいにしとけばよかったんです。私も・・・
調子に乗って、書いてある通りに読みました。
「できたら、外国人と結婚したい!」
「???・・・」場内シ〜ンと静まり返る。

 話せば長くなりますが、次女は昔から「クィーンのFreddie(という外国の歌手)」の大ファンでして、西洋人に憧れをもっていたのですね、たぶん。
それで、そんな他愛のないことを 子供のころはよく言っていたのでした。

せっかく盛り上がっていたのに〜急にしらけてしまった場内。
「こ、こりゃまずい。(汗)」

 そのときでした。
会場から「新郎は、彫りが深いから、外人みたいなもんや!」と誰かが助け舟。
「わははは・・・パチパチ・・・」と、同意の拍手。
あぶないところで、難を逃れた私でありました。

 どうやら大歓声のうちに乾杯も終わって、後は飲むだけが仕事の私 でありました。
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.