カレンダー
«  «  2021 9月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2015/12/28
「むすめと私」  その64

執筆者: kureharo (5:18 pm)
 我が家の下の孫(男子)3歳。
近頃 結構話すようになったし、生意気も言う。
しかし、分って行っていることと そうでないものがある・・・
例えば〜いっちょ前に「じゃんけん」をする。
なにか順番などを決めるとき・・・
例えば、私に「高い高い」をしてもらうようなときに、お姉ちゃんとじゃんけんで順番を決めるのである。
お姉ちゃんが「最初はグー!」というと坊やも負けじとグーを出す。
続いて「じゃんけんポン!」
その時、坊やは必ずそのままグーを出すのだ。
それを知っていて お姉ちゃんは いつも「パー」・・・ずるいが当然だ。

 でもその後が大変!
お姉ちゃんが「やった〜私からねえ!」と言って私にしがみついてくると、弟が猛烈に異議を唱えるのである。
「僕の勝ちだもん!」憤怒の形相で、間に割って入ろうとする。
お姉ちゃんも 当然ながら怒る。
双方 一歩も引かない

「まあまあ、二人ともやってあげるから、コーちゃん待っててね。
でも決して妥協はしないのだ。
「だってお姉ちゃんが勝ったでしょう!」理屈を説く私
しかし そんな説教など聞く耳持たない。
元々じゃんけんの仕組みを理解していないのである。
理屈の通らない交渉相手ほど厄介なものはない。

 結局は、お姉ちゃんに我慢させて(後回しにして…)お仕舞になる。
いつものパターンである。

・・・私自身、この解決方法で果たして教育上どうなんだろうか?
声の大きい輩に屈してしまう、世の中の理不尽さを思い出しつつ、無理に自らを納得させている年の暮れでありました。


                                つづく
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.