カレンダー
«  «  2022 5月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2015/08/12
「ぼくの好きな先輩」  最終回

執筆者: kureharo (4:08 pm)
 京都の街に、粉雪が舞い散る 寒い冬の夜でした。
僕と先輩は いつものように居酒屋で安酒をあおり、愚にもつかぬ人生論や、芸術論などを語りあっていました。

 ・・・で、いつもなら金もないので、そのまま上賀茂の下宿(二人の下宿は近所同士でありました。)まで歩いて帰ったりしていたものですが、その日に限って
「おい、福田君もう一軒行こう!もう一軒。」

 おや、珍しいなと思って 彼の様子を見ると、どうやらひどく酔っているようだ。
「上村さん〜今日のところは、雪も降ってきたし、タクシー代は僕が持つから、帰りましょうよう。」
「な、なにい!付き合えんちゅうんか!?」
目が座っているではないか・・・
「ま、まずい。」内心面倒なことになったと思いつつ、引っ張られるままに〜安いだけの洋酒喫茶(今はなくなりましたが、昔は結構あったんですよ。大きなホールにいくつもの円形のカウンター席が並んだ巨大なスナック店ですね)に付いて行きました。

 ・・・案の条 彼がぼくに話したかったのは、例の彼女とのことでした。

大学の卒業を 来年に控えた先輩は、思い切って彼女に告白したらしい。
事の経緯は〜詳しくはわからないが、どうやら 無情にも振られたようである。。
京都の町で長きにわたって温めてきた「男の純情」は、一度も日を見ることなく あえなく終焉を迎えたのでありました。

 深酒をしたとは言いながら、人前のこととて 涙を懸命にこらえる先輩の姿は、可愛そうでなりませんでした。

 帰りのタクシーの車中〜聞いたところによると、彼女はお家の事情により、日を置かず田舎へ帰って行くとのことでした。
「ああ、無情!もう少し早く、決断し告白していたら・・・あるいは。」とは、身びいきな推論に過ぎないのは わかりきっている。
 声を押し殺した、先輩の嗚咽が、いまだに僕の耳に残って離れない・・・

 先日の先輩からの電話で、いまだ彼は独身である旨お聞きしたが、この失恋話が関係しているのかどうか、僕にはわかるはずもない。


                                おわり
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.