カレンダー
«  «  2021 10月  »  »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2015/07/18
「ぼくの好きな先輩」  その9

執筆者: kureharo (4:00 pm)
 これから話すことは、すべて僕の推測・・・というよりフィクションと言ったほうがよいかもしれません。


 大学時代の上村先輩には、好きな女の子がいました。
初恋かどうかは 定かではありませんが、僕と飲むと よくその女性の話が出てきました。
どうやら同じ大学の生徒のようだ。
 そして奇遇に過ぎないが、その娘は 僕と同じ富山県の出身の方のようでした。
富山県と言っても 郡部の小さな町で、僕の実家とはずいぶん離れているのですが。

 どうやらそんなことあって、先輩は僕の故郷が富山県であることに、僕との初対面の時から〜少なからず興味を示していたようでもあります。

 しかし彼の恋は、どう聞いても「片思い」のように思えました。
すなわち・・・本人にアプローチさえできない、純情といいますか、今の若い人には想像もできない〜明治、大正時代の文学のような、一途で無垢な恋でした。

 でも先輩は、それ以上の具体的な話をしてくれない。
・・・恥ずかしかったんだろうね、多分。
せめて名前を明かしてくれたのが、精いっぱいの情報でした。
だから力になりたくても、「うんうん・・・」と切ない胸の内を 聞いてやるしか すべがない僕でありました。
もっとも相談されても どうしようもなかったかもしれないが・・・

 そんな先輩の恋は、思いがけず ある日 いきなりの終局を迎えることになったのでありました。


                                つづく
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.