カレンダー
«  «  2022 10月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2014/07/04
「むすめと私」  その53

執筆者: kureharo (2:28 pm)
 2羽のスズメは 瓜二つで見分けがつかない。
もともと双子(数羽のうちの2羽)で、さらに羽の柄まで一緒だから無理もない。
孫娘が、せっかく「ぴよ」と「きら」ってかわいい名前を付けたのに、見分けがつかないんじゃ呼びようもない。

 一計を案じた私は、「足環(あしわ)」を付けることにした。
細いストローの切れ端みたいなものが、200円を超える!(税込)
片方の鳥に、黄色い足環をつけて「はい、おしまい♪」

「こっちのきらちゃんにもつけてよう。青がいいな。」とわが娘。
「片方だけについてれば、見分けがつくから これでいいの。」と理論派の私。
「いやだあ。可愛いもん。あ!そうだ。二人とも両足につけてよう。」
・・・などと孫娘が言い出すに及んで、ますます収拾がつかない。

 でもね。スズメにしたら、足環つけられて嬉しい筈もなく、本来ないほうがいいに決まっているので、ここらで本件打ち切りとしたのでありました。

 以来、見分けはつくようにはなりましたが、足環をつけた時点で、すでにどちらが「ぴよ」でどちらが「きら」だか、すでに見極められなくなっていたので、我が家の女どもの意見も二通り・・・いや、その日によって それぞれ違うのだから、あきれたものである。
言うなれば、「ぴよ」と「きら」なぞは、すなわち「あれ」と「これ」と言うのとなんら変わらない。

 こんなことなら、足環なんぞ要らなかったんですね。初めから・・・。


                                     つづく
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.