カレンダー
«  «  2022 10月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2014/06/21
「むすめと私」  その52

執筆者: kureharo (3:29 pm)
 私が雛を拾って来た当日・・・わが娘は インターネットを駆使して、与える餌の調合などを調べ〜2羽の雛の餌付けに必死。

やれ生きた幼虫だの、きな粉だの、ゆで卵だの・・・
 何しろ、野鳥だもんですから〜ズバリそれ用の餌などは売ってないわけでして、(インターネット上の)経験者からの情報だけが頼りなんです。
・・・で、その都度、私が買い出しに走らされる始末。
いやはやひどい目にあいました。

 また〜夏場とはいえ、赤裸の雛には夜になると保温が必要。
ペットボトルにお湯を入れて、湯たんぽ代わり。
まあ、一家あげて てんやわんやですよ。

 翌早朝・・・雛が心配で 珍しく早起きしてきた娘が〜恐る恐る覗いたダンボール箱の中では、2羽の雛がうごめいておりました。
「やったあ!生きてるよ♪」 明るい声に 私も妻もにっこり笑顔。
「女房と笑顔を交わすなんて、何年ぶりだろう?」・・・などとつまらぬ思いを馳せる私でありました。

 何はともあれ〜もっとも難しい、一夜目を何とかクリアできた娘は大張り切りで 朝の「すり餌」作りに取り掛かったのでありました。

 翌日から、私は出張で2日間 家を留守にしましたが、帰宅すると 元気いっぱいの2羽の雛が 餌をねだって「ピーピー ピーピー」にぎやかしいこと♪
なんと羽も少し生えて、どうやら見込み通り スズメに間違いないようであります。
大きく開けたくちばしの周りが黄色くって、かわいいこと可愛いこと。


                                つづく
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.