カレンダー
«  «  2022 10月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2014/04/04
「むすめと私」  その48

執筆者: kureharo (4:49 pm)
 さて、社員旅行も無事終了。
解散となって、我が家へ帰り着いた時には、夜もだいぶ更けておりました。
「お帰りなさ〜い♪」
「ご苦労様〜おかえり。」
寝ずに起きて、お土産を待っていた孫たち。
・・・と、娘や女房。

 なあに。こちとらノー天気だあ。
「ほい、これお土産だよん♪」
ポンと、ちゃぶ台(兼コタツ)の上に、ビニール袋を投げ出した私でした。

 一方、息子殿はというと・・・
いくつもある(高級そうな袋を)一人一人に手渡しである。
各々の表情が、期待に輝いている(様な気がする)。

「ふん!」
それを横目で見ながら、形勢不利とみた私は、自分の部屋へ逃れました。

 ・・・それから、小一時間。
飲みすぎで のどの渇いた私が、水を飲みにリビングを通りかけたとき・・・
娘が、まだ一人起きていてテーブルの上に置いた何かを眺めている。
「どうしたの?」と私
「これ、買ってきてくれたの ♡」
見ると、目がハート型ではないか!
「ホワイトデーだからだって・・・♪」
高そうなオルゴールの宝石箱。しかもイヤリングか何か 入ってあるようだ。

 孫たちも、おもちゃやお人形など もらったらしい。
大事に抱えて寝付いたそうな。

 後には、私が孫たちにと買ってきたハンカチが 打ち捨てられていたのでありました・・・
しかも模様が「スカイツリー」と思って買ったのですが、今よく見ると、なんとそれは「東京タワー」であったことが、なおいっそう「ものの哀れ」を誘っておりました。
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.