カレンダー
«  «  2022 12月  »  »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2013/05/24
「むすめと私」  その32

執筆者: kureharo (9:13 am)
 早く帰宅できた先日の夕方…
4歳の孫娘に「ヤッホー公園に行く?」って聞くと、「うん!」彼女は超うれしそうに コックリうなずきました。
「ヤッホー公園」っていうのは、うちの近所にある小さな公園で、大通りの地下道を渡ったところにありました。
その地下道を歩くときに、トンネルに自分達の声がこだま(反射)するのが、孫には楽しいらしく「ヤッホー!ヤッホー」と叫ぶので「ヤッホー公園」と名付けた訳であります。

 さて… 往くときは、スキップをしながら元気いっぱいの孫も、あたりがうす暗くなるまで目一杯遊んで クッタリ疲れた様子。

帰り道〜ヤッホートンネルを渡って間もなく しゃがみ込んじゃった。
例の甘え声で「じいちや〜ん、だっこして〜」
「ダメダメ!自分で歩きなさい。」と突き放す。
「だめ、むり。ほら〜」とヨタヨタ千鳥足をして見せる 少し悪知恵のついた孫娘。
「そうかあ〜女はこんな歳から、もう男をだます知恵がついとるんやな。」
などと、つまらない憶測を巡らすじいちゃん。

 しかも、孫はなかなか諦めない。
いつまでもヨタヨタ歩きでついてくる。
とうとう…家の近くまで帰って来て、ようやく私に肩車をしてもらった孫。
最後は 私の肩の上で、いっしょに「夕焼け小焼け♪」を歌いながら、楽しそうに凱旋した孫娘でありました。

… それにしても、「普通に歩けば 大した距離でもないのに、あんなに腰と膝を曲げながら、ヨタヨタ来たから〜ずいぶんしんどかったやろうなあ…」などと、チビながら「女の意地」に 妙に感心してしまったじいちゃんでありました。


                                つづく
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.