カレンダー
«  «  2022 12月  »  »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2012/11/02
「悪ガキ日記」  その27

執筆者: kureharo (4:57 pm)
警察沙汰も冷めやらぬ間に、親父は またまた学校に呼び出された事は、言うまでもありません。
それと…「マンガ本事件」には、まだ余罪が付いておりました。
それは、生活指導教師も大人げない… 僕の髪がボサボサに伸びていたことも、ついでにあげつらったことでありました。
当校は…というより我が町では、公立中学は「男子は全員丸刈り」と決められており、何mm以内などと、不毛の校則が定めてあったのでした。そんなものは、運動部だけでいいモノを…ねえ。

 ともあれ…僕の場合は、前に床屋に行ってから、あれは確か〜例の警察沙汰前後であったから、半年も経っていたでしょう。。
こりゃもう話になりやせんや。
あわれな親父は、ダブルでしぼられたことでありましょう。
気の毒なことになったものですわ…

… で、今回ばかりは 辛抱強い親父も 頭から湯気を出して、怒った怒った!
掴みかからんばかりにいたいけな少年を怒鳴りつけた〜
「すぐ床屋へ行って、5厘刈り(ほとんど坊主に近いようなツルテン頭)にして来い!それまでは、家に入れんぞ!!」
「ひえ〜!」と家を飛び出した僕。

しばらく近所をうろついたが、5厘刈りなぞ思春期間近の男子ができるものではなく…
途方に暮れて、「ハムスター事件」の共犯者のガキのうちに行ったのであります。

「そりゃおまえ…執行猶予中に次の悪さしたらあかんよう。」
「こ、こいつ、なんちゅう薄情なことを…。」泣きべその僕でありました。
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.