カレンダー
«  «  2022 12月  »  »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログメニュー
メインメニュー
BLOG - kureharoさんのエントリ
 kureharoさんのエントリ配信

2012/09/21
「悪ガキ日記」  その25

執筆者: kureharo (4:13 pm)
「…だが、正直に私に知らせに来たことは、たいへんよろしい。」と、校長先生は意外なことを言ってくれました。心なしか、お顔も和んでいる♪
意外な展開に 聞いていた悪ガキたちは、少し安堵の表情…
だがしかし、かの女史は、真っ赤なおっかない顔だ。
それを見て、またまたガキどもは、下を向く。
蒼くなったり、赤くなったり目まぐるしく面々の顔はまるで七面鳥のよう!

 それから、数日後の夜…
今度は、僕の親父が怖い顔で、「お前いったい何をしでかしたんや?」
「警察から、お前を連れて交番へ来い〜と言うてきたぞ!」
学校で、ゲロしたもんで、すっかりミソギは済んだと思っていた僕は、やはり子供でした。

 次の日の午後、蒼い顔をした僕は、親父に付き添われて、最寄りの交番へ出頭したのでありました。

 そこで、親父は、ひとしきり先日のお巡りさんから、説教を聞かされ、ペコペコ 〃 。
そのあと〜僕は、「始末書(みたいなもの)」を書かされ、仮釈放と相成りました。

でも意外と、親父はそのあと帰ってからも 僕に対して〜何も言わなかったですね…。
それは何故か…?
 後日談ですが…どうやら警官からは、悪質なものではないが、補導した以上〜(まあ感心したことでもないので)一応 カタチばかりの書類を書かせて処理をしたとのことであったようです。

まあ、言うなれば〜お役所仕事ですわ。僕が言うのもなんですがね…。


                                つづく
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.