カレンダー
«  «  2021 10月  »  »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
ブログメニュー
メインメニュー
「むすめと私」  その66

投稿者:   kureharo   投稿日時:   2016-3-19 14:54:39

 最近 我が家では、「どうぶつカルタ」というのが大人気。
3歳と7歳の孫が、私の顔を見ると、おもちゃ箱から出してきて 居間のカーペットの上にまき広げます。
 これは、クリスマスだか誕生日だかの折に私が買い与えたもので、もちろん高価なものではありませんが、孫たちには大いに受けて 値打ちのあるプレゼントになった物でした。

 また読み札の内容も「大きなネズミの仲間のカピパラ」だの「オーストラリアに住むコアラ」だの、やれ「動物で一番足の速いチーター」だのと 結構勉強になる優れもの・・・でありました。
 おかげで子供たちもすっかりいろんなことを覚えて、「孫の教育に一役買った」と爺さんも内心満足、満足♪

 ある日、孫と私の3人ずれで近くの公園に行った帰り道。
小学校1年生のお姉ちゃんが、「クイズをやろう♪」とみんなに提案しました。

やがて順番が回って、3歳の孫息子の出題。
「ゾウのいるところはどこでしょう?」
「はいはい〜はい!」と爺ちゃん。
お姉ちゃんは わからないと見えて思案顔・・・
「じゃあ、じいちゃん。」と孫のご指名。
「はい!アフリカです。」きっぱり

もちろん私の脳裏には、例の「どうぶつカルタ」が浮かんでいるわけです。
「そんな札あったかなあ?」とは思いつつもアフリカゾウの写真は 思い出しているわけです。
・・・すると意外にも「ブッブー!」と不正解を告げられてしまった 私。
「え、え〜」「じゃあどこなの?」不満顔のじいちゃん
「せいかいは〜どうぶつえん でしたあ。」
真顔で、自慢げに解説する孫に、心底 降参してしまった私でした。


                               つづく
投稿する
コメント投稿に関するルールコメントに承認は必要ない
表題
アイコン
コメントurl email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   


 [もっと...]
オプション顔アイコンを有効にする
XOOPSコードを有効にする
改行を自動挿入する
 
協賛企業


  プライバシーポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表記 当サイトのご利用に関して  

Copyright©2006 e−セラ.リフォーム コンソーシアム All Rights Reserved.